損をしない買い方がポイント

   2022/03/21

仮想通貨を始める時に、多くの人が様々な口コミをチェックすると思います。
その時に、大抵の人が得をする方法や、これから値上がる通貨について調べることでしょう。
もちろん、仮想通貨を副業として始める時には、誰もが得をしたいものです。ですが、得をすることばかり考えていては、冷静な判断ができず、無謀な投資をしてしまう可能性があります。大切なのは、得をすることだけではなく、損をしない買い方を意識することです。

なぜ仮想通貨で損をしてしまうかというと、それは値下がりを始めたにも関わらず、いつかその価値が戻るかもしれないと買い続けることです。
確かに、大暴落を起こした通貨が再び盛り返してきたというケースはあります。
ですが、それはいつもいつもというわけではありませんし、値下がりしたままという可能性もあります。ですが、損をしてしまうという人は、いつか値上がる時のために、値下がりした仮想通貨をいつまでも購入してしまうのです。

購入している通貨が値下がりを始めた時には、慌てて判断をせずに、まずは冷静にその通貨のことを調べてみましょう。
この先も、その通貨が値上がる可能性があるのか。買い続けても損をしないかを見極めることが大切です。日頃から、仮想通貨を分析している専門家による口コミや評判などをチェックして、知識を蓄えておくことを意識しましょう。

そして、保有している通貨が値下がりを始めたとき、いつ損切りをするかが重要になります。仮想通貨初心者が損切りで失敗するのは、わずかな変化ですぐに売却してしまうことです。確かに、ほんの少し値下がりをした通貨がどんどん値下がってしまうという可能性はあります。
ですが、すべての通貨がそうなるというわけではありません。
中には、一度値下がったものの、すぐに上昇したというものもあるのです。
いくら大暴落の恐れがあるとはいえ、あまりにも早い決断は大損に繋がります。せっかくのチャンスを棒に振るのはもったいないことです。

大切なのは、自分の資産と相談し、マイルールを決めておくことです。
これだけ値が下がったら売却しようと決めておくことで、大きく損をすることは防げます。
また、購入価格からどれぐらい値上がったら売却すると決めておくことも効果的です。この時に、「もう少し待っていれば上がるかもしれない」という誘惑に悩まされる人もいるでしょう。ですが、損をしないためには思いきった決断も必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket