仮想通貨と法定通貨

   2022/02/21

仮想通貨とは

仮想通貨とは、法定通貨、つまり日本円やUSドル、ポンド、中国元などのような世界的に使っている通貨との対比で語られる用語です。
つまり、あたかも通貨のようでありながら、バーチャルで、実際には暗号化されたデータでしかないものです。

仮想通貨を譲渡する際には署名や、膨大な計算が必要になります。
そして、その暗号が解けないと譲渡ができず、譲渡しても譲渡履歴が残ります。
そのような暗号それ自体であるという性質が複製を防止します。一般的にコンピュータのデータは複製できるのが当たり前です。

そして、多くの画像、テキストデータ、音楽、動画などは複製できますが、暗号通貨は暗号がかけられていて複製できないのです。

これは法定通貨は法律や偽造防止技術によって複製が禁じられているのに対し、仮想通貨は国家の法律に寄らず、あるいは庇護によらず、その偽造を防止できるのです。

つまり、仮想通貨は国家の管理から離れた、ヴァーチャル空間上で共通に利用できる通貨です。最近はその仮想通貨を法定通貨代わりにする国家も出てきましたから、これは国際通貨になりうる通貨なのかもしれません。

仮想通貨はどこで買えるのか

仮想通貨は先ほど述べたように暗号ですので、ウォレットとという暗号データの送り先住所を指定して送信すれば譲渡は可能です。しかし、一般的には取引を行うための市場、取引所を用いて譲渡、売買します。

信用力のある取引所ほど取引は安全になります。取引所は日本にも多くありますが、海外にもあります。暗号通貨がデータであるという特性上、送信までほとんど時間がかかりません。
しかし、認証に時間がかかります。しかし、法定通貨の国際送金と比べれば手数料は格安である上に、非常に迅速です。

仮想通貨の取引の形態

仮想通貨はそれを発行した主体から発行時点に取得するIPOと呼ばれるものと、すでに取得している人から直接購入する、あるいは取引所を通じ取得する方法があります。
取引所においても、取引のあり方は様々で、先物取引、あるいはデリバティブ取引の形をとって取引をするものもあります。
もはや法定通貨の取引と変わらないほどのバリエーションがあります。

仮想通貨とプログラミング

仮想通貨はデータであるため、ネット上で取引するのが大部分です。
したがって取引所はネット上に構築されているのがほとんどです。
そして、取引所の中にはAPIという取引をプログラミング技術を用いて自動化する仕組みを導入している取引所が多くあります。

このような仕組みがあるので、株式や為替よりも仮想通貨はプログラミングを用いて取引を自動化する技術が発達しています。今後AIなどを用いて取引を行うなどが盛んになり、それは株式や為替にも波及するでしょう。

以上のように、仮想通貨は法定通貨に比べ現実の世界で買い物などの用途で使われるまでには至っていませんが、国際送金、取引技術の高度化、越境的な波及力の面で目を見張るものがあり、今後も注目の通貨です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket