積極的に動かない投資

   2021/11/21

投資と言う言葉を考えたときにどうしても自分自身で積極的に動きつつ、±をコントロールしようと考えがちになってしまいます。
しかしながら無理に自分自身が動くことなく、まずは資金を投資した上で眺めるような形を考えてみても良いのではないかと思います。

特に初心者の場合、自分自身の判断でその時の状況だけを判断してあれこれ活動することによってマイナスに働くことが多くなってしまうのが実態だからです。 
むしろ、仕込みだけ行っておいて後は自分自身がどうするか、多少の事では動くことなく放置しておいた方が良い場合があります。そしてそのような手法が正しい投資についてお伝えしたいと思います。

例えばポイント投資はどうでしょうか。むしろこのポイント投資であれば日々バイバイ行為を行うのではなく、一定金額を自分自身の通信キャリアのポイント、ポイントサイトのポイント、公共料金のポイントなどをもとに蓄積していくだけなので、基本的にはリスクも少なく良いのではないかと思います。

そして、株式投資等についても同じことがいえます。
日々の値上がり値下がりに対して自分自身で活動するのではなく、インターネット上で損切り、または指値の金額を決めておいて対応していくことがポイントになります。このようにしておくと自分自身がどこまでリスクを取るべきか明確にありますし、日々の収支について気にすることなく投資を続けることができるからです。

さらに長期的なプランで行くと投資信託等も出てくるでしょう。日々の±をチェックしながらもすぐには売買ができないために長期的に腰をすえて投資を行うことができます。
特に初心者に対して、さらに忙しい方々が日々の動きを参考にしながら投資の売買を行う事はリスクが高くなるのは言うまでもありません。

可能な限り自分自身のリスクを減らし、少しでも落ち着いて投資を継続していく、継続するなかで様々なポイントを身に付けていくような投資を大前提にした方が将来的に投資に対して詳しくなると思いますし、プラスに考えることもできるはずです。

誰もが簡単に投資に取り組める時代だからこそ、最初の失敗で投資を継続できなくなるよりもこのような取り組みによって投資をうまく付き合っていくこと、そちらに重点を置いた方が最初はよかろうかと思います。

そして腰を落ち着けて投資を行うにあたってもどのようなリスクがあるのかをあらかじめ考えておき、最小限に抑えることからスタートすべきだと思います 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket